政府労災の特長

政府労災は仕事中に受けた災害によってケガをしたときなどに補償してくれる保険です。 これは民間ではなく、政府が管掌しているのが特長と言えます。 目的は仕事をしている労働者の保護ということになります。

もし、仕事中に災害にあってケガをして入院したり、働けなくなったりすると、途端に生活に困るという方も多いと思います。 そんな方のためにこうした保険があるわけです。 しかもこの保険の保険料と言うのは全額が事業主負担と言うことになります。

つまり、労働者側は負担がありません。 同じ労働保険でも雇用保険の場合は労働者側も保険料を負担しないといけません。 この点を比較してもわかるように、政府労災は労働者にとって至れり尽くせりの保険であると言えるわけです。

仕事先を探す場合、給料とか休みなどは必ず確認すると思います。 ですが、福利厚生の部分も重要ですから、忘れずにチェックするようにしましょう。 特に労災や雇用保険を始め、健康保険や厚生年金と言ったいわゆる社会保険の有無は重要なポイントであると言えます。

こうした保険がない場合は自分が働く会社として適格かどうか一度検討してみたほうが良いと思います。 人間、何が起きるかわからないものです。 万一、仕事中に事故に巻き込まれた場合のことを考えれば、政府労災の加入がいかに重要であるか理解できると思います。 自分は大丈夫と言う過信は捨てて、万一の場合のことを考えておくことはとても重要なことであると言えます。